--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-03

マッシーナメッシーナの初めの一歩

初めて訪れてくださったお客様から、一番多い質問。
「マッシーナメッシーナ」という店名の由来は…?
ホント、なんだこりゃ!!というネーミングですよね。

しかも、乃木坂の地下の店舗ならまだしも、木造の一軒家の食堂にはおよそ似つかわしくないカタカナ名前。
隣家の姉からは、移転を機に、強く改名を求める向きもありました。

そもそもこの名前、主人が始めたお店につけていただいたもの。
そう、外国語は家庭内禁止というルールの私と結婚して、ご飯にありつくために、
飛躍的な日本語の習得を遂げた主人ですが、そこはもう頭が固くなった年齢の取得ですから、話し言葉が限界。
読み書きに関してはひらがな・カタカナまで。
甥っ子の子供たちと楽しい蜜月を半年ほど過ごしては、主人が置いてけぼりを食い…

そんなんで、不景気な日本の世の中、仕事にありつける訳がありません。
そしたら、一生懸命頑張りますから、レストランをやらせてくださいと…
なんとも無謀な申し出ではありましたが、主人が作るアフリカンソースは美味しいと思っていたし、
日本人の友人知人に振舞えば、一様に珍しくて美味しいとリクエスト多く。

もう主人が日本で生活するには、これしかないかと腹をくくりました。
でも、お金の勘定さえおぼつかない主人です。
店舗探しの間、まずは私が勤めていたR社で、朝晩お弁当を売らせてもらい、修行をつむことにしました。

本当に有難く暖かいR社の皆様でした。
主人のお弁当を心待ちにしてくれ、あ~マッシーナ、そうじゃないよと、優しく教えてくれ、
主人がこぼす私への愚痴を笑い飛ばして、主人に活力をくれて。

そんな中で、マッシーナ(主人の姓です。主人は自分のことをマッシーナといいます)が売るご飯だから、
飯(めし)にかけて、店名は、「マッシーナ メッシーナ」がいいよと、M氏が命名してくれました。

「マッシーナ メッシーナ」の誕生です。

マッシーナ、主人には、あれこれ不満が募る時多く、
その名が店名にあることを忌々しく思うこともあるのだけれど…

なんだか、心弾む音のマッシーナメッシーナ。
やっぱり、大好きだなぁ。

日本のネット社会で、かぶることも滅多にないし。

うるおぼえの店名で検索しても、ほぼ確実に当店に訪れていただけるって、すごいことです。

Mさ~ん、今更ながらありがとね。リクルート弁当2
リクルート弁当1
これこそ、「マッシーナメッシーナ」の、初めの一歩です
スポンサーサイト
2009-12-03

マッシーナメッシーナのキーマカレー

キーマカレー
すっかり定番になりました、マッシーナメッシーナのキーマカレー。

そもそもこのメニュー、主人から突然バトンタッチされた乃木坂の店を、
全く一人で切り盛りすることになり、途方にくれた去年の6月…

飲食店でのアルバイト店員や独身寮の賄いパート、ハウスキーパーの仕事で食事の配膳・支度には多少覚えがあるものの…
そして一年余りは、私の会社勤めのサラリーを丸ごとつぎ込んでしまう主人の経営を糾弾していた我が身。

それが突然、経営も日々の切り盛りも、一手に引き受けざるをえない状況になって。
商売も、経営も初めての私が…!…!
たった一人で店に出かけ、仕込みをして、掃除をして、つり銭を用意し、
看板出して、お客様を待ち、接待して、お金を頂いて、買出しして、家に帰り。
営業時間中はトイレにもいかない覚悟で…
正直、お客様のご来店が一番の苦手というような、店主としてあるまじき思いもしていました、あの当時。

ランチ主体の店でありながら、定時昼休みの方々の貴重な昼休み時間を、こんな細々としたお店で、
やきもき過ごしていただくのではあまりにも申し訳ないと、営業時間は12時半から…
それでもちょうど1ヶ月目に、ぎっくり腰になってしまい。

乃木坂の店も、すご~く辺鄙なビルの地下でした。
もう全く、洗顔さえままならない私でしたが、
そんなお店にも関わらず訪れてくださるお客様がチラホラついてきだした頃で、
提供はできないけれど、訪れてくださる方へ、せめて謝罪の言葉はかけたいと、店で待機しておりました。
そして訪れてくださったお客様は口々に、キーマカレーが食べたかったなぁ、とおっしゃり…
しっかり、¥800なのにも関わらず。
私の自信作は、品数たっぷりで当時¥900の日替わり定食だったのに!!
うれしい誤算です。(その時のお客様は、ことごとく移転した後でも、頼もしい顧客様ばかり)
以後今日に至るまで、マッシーナメッシーナのキーマカレー人気は絶えません。

先日お越しいただいて、皆様を先導してきてくださった「カレー401」さんも、
マッシーナメッシーナの看板に、キーマ”カレー”がなかったら、ご来店はなかったかもしれませんもの。

このキーマカレー、11:30~13:00までは、ワンコイン¥500(お飲み物つき)です。

なぜか、人々を魅了して止まないらしいこのカレー、一度ご賞味くださいませ。



ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。