--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-28

トモダチ~友達~

本日は、特にうれしいお客様をお迎えしました。

私(おばさん)の前職の上司であり、
マッシーナ(おじさん)の本当に良いお友達になってくださったFさん…
が明るい奥様、可愛い息子二人を伴って…

マッシーナは、「行くよ」のお電話を頂いた時点で、かなりのテンションアップ。
トモダチを迎えるべく、いそいそと…
それはそれは、いつにないほどの気の付きよう、good jobです!

もう三年近くお会いしていなかったのにね。
昨日バイバイした友達と会うみたい。

思えば外国で、厳しい外人の妻(私です…)の下、妻の母国で暮らす主人にとって、
トモダチと思える日本人は、本当に心強いのでしょうね。
すっかり恐妻家になっている主人に、ちょっと反省。

でも、この厳しい世の中、
外人の主人と渡り合っていくのもかなりのストレスなんですけど…
でも、こんな私には、初対面とは思えないほど、
明るく可愛い奥様が、すっかり打ちとけた様子の談笑で、おはな
気持ちをほぐしてくださって…
本当に、素敵なご家族です。

立派な上司とはいえ、年齢からいえば、
親子では近すぎ、兄弟では離れすぎるほど年下のFさん。

職を離れた今、やっぱり、友達…かな。
その御人徳に、まず感謝。

K士朗君に、一年に一度は来たいよ~!?と、お墨付きをいただいたことですし、
どうぞFさん、奥様共々、
マッシーナメッシーナ安泰のために一肌脱ぎ、
度々顔をみせてくださいね。
K"士朗君も、黒人に慣れたことですし、是非よろしく。

こんな店主の嬉しい再会を、暖かく見守ってくださったお客様にも感謝。

あ~、今日も楽しかった!
スポンサーサイト
2010-02-26

キーマカレー時々冷やし中華日和

暖かでした、本日。
地震や濃霧や春一番まで…盛り沢山の今日一日。

そんな日のマッシーナメッシーナは…

キーマカレー時々サラダ冷やし中華。キーマカレー

同じく暖かかった昨日は、
日替わり定食時々サラダ冷やし中華にわか日替わり弁当、だったのに。

おもしろいです。
メニューを見てのお客様よりのご注文。
その日によって、オーダーの隔たりがあるのです。

ちょっと前までは、ご来店数の日々の増減に驚いていました。
曜日による統計も、天気による統計も、日付けによる統計も、
計測及び予測不能。
一日を終えた閉店後に、一喜一憂する毎日でした。冷やし中華


ご来店数がほぼ予測できる範囲になった今、
今度は、その日にオーダーいただくメニューに向けての計測が不可能になっています。

暖かくなったから、冷やし中華…が出るんだね、きっと…
いろんな種類をちょっとずつの日替わりは、やっぱり心を掴むんだよ…!!
って、あれぇ、今日は、キーマカレー…??

日々精進せねばなりません。
どのメニューにも、心を込めて作るのみです。

こんな風に、いつも私どもを初心に帰らせてくださるお客様。逕サ蜒・105_convert_20091223000600

やはりお客様は、神様です。

ありがたや。



2010-02-24

御蔭様で…

外観
御蔭様で、お客様から新しいお客様へと暖かい輪が広がって、
住宅街の当店を訪れてくださる方が、
一日一日、少しずつ増えるようになりました。

そうやって増えたお客様ですので…

当店の店構え…
それはそれは、アットホームというか、
もうそのまま他家のリビングというシチュエーション。omotya.jpg

3組以上になれば、相席は当たり前ですし、
お子様連れ大歓迎の店主につき、
時に、未来の紳士淑女の遊び場に化したりする店内。
あるいは、リタイアした紳士達の昼過ぎからの大宴会が催されることも。

本当にどんな場面にも、暖かいお客様。
なんだか、遠い親戚同士を紹介している気分になることが、多々あります。

こんな幸せ気分の店主なんて、滅多にいないと自負しています。
ありがたいなぁ。
お客様でありながら、
まるで父母、兄弟姉妹、息子娘のように、
当店を心配し、暖かく応援してくださるお客様に恵まれて、とても嬉しい私どもです。

感謝。avec toutes nos reconnaissances. 
皆様のお気持ちに添えるよう、
これからも、しなやかにたおやかに頑張ります。
2010-02-20

如月

このところ、芯から冷えるような日が続いています。

雪が積もる日は白の明るさも手伝って、まだどこか暖かさも感じますが、
小雪まじりの雨の日は、しんしんと冷え込んで、
できることならぬくぬくと、一日中暖かいお布団の中で過ごしていたい気分です。

そんな冷たさの中の、定休日。
でも今日は、久し振りのお日様に恵まれて…

さあ、出かけますよー、電車に乗って。
先週に続いて、他店でお客様になって、見聞を広めようという企みです。
また、今や年がら年中一緒にいて、お互いに目の上のタンコブ化している主人と私、
休日くらいはお互いに羽を伸ばさなくてはね。
というわけで、あっちとこっちへ…

いやぁ、御蔭様で充実の一日を過ごせました。
リフレッシュ、リフレッシュ。
よく食べ、よく笑い、よく話し、よく歩き…

でもねぇ、こんな楽しい時を共に過ごしてくれる、
共に過ごしてくれるからこんなに楽しい、琴ちゃん親子とも、
四月からは、定休日金曜の、一緒の行動が出来なくなっちゃうんだよね。
ママの育休が終わっちゃうんだものね。

あと数回になってしまった、楽しいデート。2.jpg

来週は、どこいこうかなぁ?

あぁ、それにしても如月のなんと短いことよ。
寒さも含めて、かなり鋭角に感じる、
気を引き締めて全うしなければと思う、如月…二月。

しっかり休日を満喫し、
すっかり再生できた私。
明日からの一週間、頑張ります!!
2010-02-16

バレンタインって…

昨日のバレンタインは、皆様いかがでしたか。

日曜日だったので、サラリーマンの方々は義理チョコも無く、
あるいは義理丸見えのチョコレートを金曜日に受け取り、
侘びしさ倍増の今年のバレンタインデーではなかったでしょうか!?
(特に、私と同級生の諸兄に至っては…ご愁傷様でした)

そもそも、今の五十歳代前半が一番、
バレンタインデーというものへ、純粋にのせられてきた世代かも…
ちょうど中学生の頃、初恋なんかにキュンキュンする頃、
お菓子メーカーのバレンタイン商戦が始まって、
不二家のハートチョコや、to youチョコなんて、
英語習いたての乙女心にビンビン響くネーミングのチョコレートが次々に発売されて…

イエ、手紙が伝達手段だったあの当時、
淡い恋心を伝えられる、一年に一度のバレンタインのチョコに、
だれもが無関心ではいられませんでした。
あげる方も、もらう方も。

八才違い、今や六十歳代の姉の世代は、
ギブミーチョコレートの時代に近いのか(失礼)、
私達ほどにバレンタインデーを神聖なものとは認識しないようで、
よほどクールに、商戦にのせられている私達をたしなめているようでした、あの頃。

そんな華やかなイベントに浮かれていた私ですが。

10年位前のバレンタインデー、
友達のペルー人の男の子からチョコをもらい、
南米では、親愛の気持ちで男性から女性にチョコが贈られると知りました。
ギニア人と結婚して、そもそもバレンタインデーなんて存在しないことを知りました。

はてさてそんな私の、今年昨日のバレンタインデーといえば…
もうすっかり純粋な気持ちを失ってしまった私。
お客様への小ちゃなチョコをご用意し、食後のお茶と共にサービスしておりました。
そんなお客様の中の、可愛い女子大生お二人連れ様。
なにやら、お一人の方が、誰に渡そうか、悩んでおられるご様子。
相談にのっていた女の子の方が主人を呼び…
う~ん、その人、絶対役不足だよ~と気をもんでいましたが、
なにやら決まった様子で、すがすがしく「ご馳走様」と。

見送った後に、方付けようと席に目をやると、おはな

可愛いチョコの包みが!!!

主人が自転車で追っかけ、無事届けました。

今やすっかりカジュアルに、根付いたらしい、日本のバレンタイン。

ここはさらっと「happy バレンタイン!!」ですね。
2010-02-14

まいりました!!

パンジー1
一昨日の朝より、定休日だった昨日の深夜まで、
突然インターネットに接続できなくなり、
すっかり外部の情報より隔絶された感、
楽しい交歓から疎外された感の、
さびしい休日を過ごしました。

とはいえ、しっかり主人も私も、
それぞれの休日を満喫するべく、
別方向へ外出し、
行動的にひたすら楽しくリフレッシュしてきたのではありますが…

そして、テレビだって観てるし、
電話だってかけてるし。

なのに、なんかポツ~ンと、
時間を持て余しているような…

互いをなじりあいながら、
切磋琢磨して(…?…?)生活している私達も、
昨夜ばかりは助け合いましたね。

互いの短気をなだめながら、
日本語が読めない・理解できない主人の、私は目となり頭脳となり、
多少の力仕事も伴う配線関係は、主人が私の手となり。

そしてやっと無事、接続に成功!!
いつもの見慣れた画面があらわれた時の喜びといったら…!!
しばし、だから私が、言ったとおりだったじゃない、
という言葉も忘れるほどでした。

いやはや、ほ~んとうに、よかった。
単純な配線ミスというか、
しっかり線が差し込まれていなかったための、接続不能だったのですが、
色々なコンピューター用語にまどわされて、
私の頭がショート寸前でした。

それにしても、今更ながら、すっかりパソコンに頼る生活であること、
身にしみました。
昨日の外出にしても、家を出る時にもういっぺんみればと、
電話番号はおろか、所在ビル名さえおぼつかない有様で、
一気に心細い先行きになりました。
近くの様子も予習できずのお出かけは、
もったいなかったなぁ、とも思います。

このブログの確認もできないし、
たくさんの楽しいブログも読めないし。

本当に、まいりました。
今度インターネット接続不能になったら、
いの一番に確認します、線の差込。


今日土曜日は、あいにくの雪まじりの冷たい雨。
でも、こんな寒さも、パンジー2

暖かい春を
より喜びに満ちて迎えるために用意されている日ととらえれば、
なにやら素敵な気分で満喫できます。

気付かぬうちに、陽も驚くほど長くなっているし、
お花屋さんの店先には、春のお花が満載。

春は、もうしっかり微笑んでいますよ~、ね~。



2010-02-08

お誕生会

父
本日2時過ぎより当店にて、
我が父の誕生会を催しました。

2月3日、見事元気に96歳を迎えた父の、お誕生会です。

ちょうど居合わせてくださったお客様にもワインをふるまって、
おめでとうを言っていただきました。

心配している娘の店の、案外の盛況ぶりに、
私達は後でいいんだから、お客様へのサービスに努めなさいという父は、
皆様の乾杯にもキョトンという感じのままで…

居合わせてくださったお客様の皆様、
気の利いたコメントもできませず、申し訳ありませんでした。
そして、親孝行へ加担していただいて、本当にありがとうございました。

御蔭様で、ご覧の通り。        父1

娘達の行く末にも少しは安堵し、
96回目の誕生日を元気に迎え、
私の記憶の中では、
節分のお豆ですが、
お誕生日にふさわしいケーキ&キャンドルフーで、   父2

つつがなく過ごした、お誕生会。

来年もきっとまた…
と願わずにいられません。

親子共々、皆々様に感謝!!…です。


2010-02-05

お騒がせいたしましたが…

きりっとマー君
先日来悩んでおりました、テレビ出場の件、
お断りすることに決めました。

まだまだやっと、お客様がつないでくださる暖かいご縁で、
日々、新しいお客様をお迎えしている当店です。

お客様が重なって、
本当にごめんなさい、また今度ゆっくりいらしてくださいねと、
申し訳なさいっぱいにお断りしてしまう時もあれば、
昨日今日のように、
本当に今お越しいただければ、我が家のように寛いでいただけるのに、
と思う暇な時があったり。

嬉しい悲鳴と心細さが、交互に行きかう現在の当店の状況です。

テレビという媒体の集客率には、心細い当店が心惹かれ、
嬉しい悲鳴の当店のプライドが、それを好としないとして、
偉そうにどうしたものかと悩んでいる気でいたのですが…

昨日今日の暇な時に、明確な答えが閃きました。

単純に、当店で出来るor出来ない、
それがしたいことorしたくなかったことで分類すれば…

安易に集客を計り…
お断りするお客様ばかり増やし。
ご入店いただいたとしても、
そこにはご自宅の朝ごはんのような慌ただしさでしかご提供できず。  ゴロニャン

今や、大家族のお母さん気分などと流暢なことは言ってられず、
まずは仕込よ、次に仕込み。
買出しなんて行ってられるわけないでしょ、
配達お願いしまーす、
下処理が済んでいるこんな便利なものがありますよ…
なになに、そんな便利なものがあるならお願いしますよ、○○産!?

妄想癖も、ここまでくれば、しっかり役に立ちます。

間違った方向に、「マッシーナ メッシーナ」を乗り出すわけには行きません。

小さくて、かなりのお調子者で、
まだまだ皆様の「目」を頼りに、戒めながら、運営していく、
「マッシーナ メッシーナ」ですので、どうぞよろしくお願いいたします。









2010-02-03

節分

今日は節分。

そして我が父の、なんと96回目の誕生日でした。

節分といえば、豆まきです。
豆をまくのは、家長や年男年女の役目。

節分生まれの父の下に生まれた(ちと、ややこしい…!?)、
節分の日が誕生日である父をもつ、娘の私は(う~ん、少しはわかりやすい)、
父の誕生日に限っては、
ケーキよりも、お豆の印象が先にあります。

家族がそろった夜には、
ケーキを囲んでのキャンドル、フーッ!!の思い出は皆無で、
かわりに、豆まきの思い出が…
父の誕生日の思い出、にあるのです。

さあっ行くか!という感じで、寒い夜に威勢よく窓を開け放ち、
一部屋ごとに、
父が一声大声で「鬼は~、外」、私達家族も「鬼は~、外」と復唱、
そして父が、外に向かってばらばらと豆をまき、
今度は少し小さく優しい声で「福は~、内」、私達も「福は~、内」、
そして父が、家具の後ろなどに入り込まないよう注意しながら、室内にぱらぱらと豆まき。

各部屋終わって、大役果たした父は満足気。
母は、少しでも掃除を楽にしようと、娘達をお豆の回収に走らせ。

まあ、八才年上の姉は、とっくに卒業した年中行事で、
私が夢中になっていた頃は、
「ハイ、ハイ」という感じのおつきあいだったに違いないのですが…

私の記憶にある幼き日の節分、父の誕生日は、
年の数だけ食べられる、節分の夜のお豆の数が一番の関心事だったわけで。

なにしろ、夕食の後、眠る前に許されるお菓子なんて滅多にあるものではなく、
もう、すぐに数え切れる自分のお豆の数がさびしくて…
今日、昨日より一粒多く食べられる父のお豆の数が羨ましくて…

今や、数えるのも面倒くさいぐらいの歳になり、
食べるのも、こんなには一度に食べらんないでしょ、
というほどの節分を迎えた今夜。

父が、八回目の年男を迎えていることに、まず感謝!!です。

それも、月に最低3回は、ゴルフのコースを回るほどの元気さで!!

節分の豆まきを、しっかり励行してきたお陰かもしれません。

娘という立場から独立して、
アパート暮らしやマンション暮らしなどの集合住宅に住むことを経験し、
節分行事に、ご近所への配慮や気恥ずかしさも覚える昨今ですが、
どの世代にも、その世代に会った、自分なりの関わり方…

節分には、海苔巻きを恵方に向いて食べるとか、
いわしやヒイラギへ目を向けてみるとか、
やはり、身近な伝統行事への好奇心を持ち続けることが、
元気な長寿への秘訣のような気がします。

今日は電話で、「お誕生日、おめでとうございます」を伝えただけの、父の誕生日。
今度の日曜に、当店でお誕生会を開催する予定です。

愛する伴侶や親しい友は、どんどんあちらの世界に旅立ってしまって、2.jpg

こちらに残って、存命を謳歌しようという父の誕生会。

もし居合わせてくださいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

96本のローソクを飾るほどの、大きなケーキを用意しようと思いますので、
食べていってくださいね。









2010-02-02

長靴

天気予報どおり、雪が降ってきました。

今日は夕方5時過ぎから、ご予約のお客様を迎えた当店。

そのお客様達がいらした時には、あいにくの冷たい雨降りでしたが、
お帰りの頃にはすっかり雪へとかわり、
周囲の景色もいつもと違い、
なにやら素敵な雰囲気に…

住宅街は、ちょっとの間にも、
きれいな雪化粧がほどこされます。

夜は尚更。

外灯の灯りの中、降りおちる雪は美しく、
降り積もった雪を照らす、家々の窓の明かりは暖かく、
車のライトに照らし出される地面も、ことさら華やかで…
白に統一された世界の、なんと美しいこと。

また、音も違います。
普段は全く気がつかない電車の音が、
とっても近くに響くのです。

月曜日の夜の雪。

子供の頃ならいざ知らず、
忙しい大人にとっては、かなり厄介な雪。

でも、今夜はしばし楽しみました。
夜の買出しの際にも。

長靴、やっぱり備えておいた方がいいですよ。
こんな時を楽しむためにも、
仕事のため、已む無く果敢に外出せざるを得ない皆様にとっても。

ブーツでなく、やっぱ長靴…ね。

長靴さえ履いていれば、
かなりの状況、楽しい方向へと、気分は向かうと思います。

あ~、だって頭寒足熱って言うじゃないですかぁ…
(う~ん、ちょっと違うね)
じゃぁ子供の頃、長靴はいて、わざと水溜りに入ってみた経験あるでしょ。

なにしろ、自然に戻って、足突っ込んでワクワクする本能は、
みんな持っている気がします。

雨や雪の、大人にとって憂鬱になりがちな時も、  内観ランプ

長靴を備えるという単純な作業で、
かなり快適になるということ…

皆様も、是非お試しを。

先ほどよりは細かくなりましたが、まだ降り積もっています、今年初の雪。
2010-02-01

感謝!!

おはな
マッシーナ メッシーナ、幸せな店であります。

昨夜から今夜にかけて、お客様の皆様よりいただいたメッセージ…
本当に暖かくて。
私と同じ部分で逡巡し、そして尚、
変わらず応援するから、大海に臨んでもいいんじゃない!?という…

これはもう、お客様というより、身内の言葉の数々です。

この皆様のお気持ちに添いながら、
マッシーナメッシーナを営んでいけば大丈夫、と改めて思いました。

しっかりポリシーをもって毎日を過ごしますので、
どうぞ厳しく、暖かく見守ってくださいね。

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。