--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-05

年賀状

syougatuhana.jpg
昨年より、このブログを開設し、自分でもビックリの毎日が続いています。

というのは半世紀近く、自分から発信する手段としては、
いえデン(家族みんなの黒電話)や手紙が当たり前の、
いやあ、便利な毎日に生きていると信じて疑わなかったものですから…

お目当ての人が、どうぞ電話口(一番初めに、「もしもし」と言う人です)にでてくれますように、と
違う人がでた場合のヴァリエーションも考え、ダイヤルした、いえデン。

外で待ち合わせをすれば、ひたすら待つしかなかった、切ない思い出。

着くまでに時間を要する手紙となれば、業務的には速達とか、
もっと急を要する場合には電報とか。
そしてなんといっても、ラブレターなんていう、ロマンチックな営みが素敵にありました…
あ~、我が青春の日々。

それがどうでしょう!
今や、携帯電話で必ずお目当ての人と連絡しあえるし、
メールでいつでも思いを伝えられる。

こうやってブログで、自分の今の思いを、たった今すぐに、多方面に発信できるし…

夢中でありながら、面食らっています、実のところは…ね。

年賀状は、そんな私が、落ち着く場面でもあります。
出す時も、受け取る時も、なんだか地に足が着いてる感じ。

昭和の女ですもの、仕方ない感覚です。

今年もたくさんの楽しい年賀状をいただき、新年早々、元気になりました。

ちなみに、95歳の父は、今年も数は減ったけど、400枚の年賀状を出したそうな…
まだ、そんなに出す相手がいるんだ…!?おみそれしました。

もうすっかりデジタル世代を行くAIちゃんの年賀状は、
お手製の版画の勇ましい寅。

やっぱり、年賀状の文化は、日本の心として受け継がれていって欲しいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

わたくしめも

ふふふ。わたくしも、昭和の女ですわ。

けっこう手書きでの手紙や旅行先からの絵葉書、
出すのすきなんですよ。

海外からだと、はがきより先に自分が帰国したりしますけど。

版画の年賀状も、来年からはちょっと休止かなぁ。
小さい人が彫刻刀なんかで遊べるようになると思うと、ちょっと厳しそうですから。

そうだよね

AIちゃんて、どんな場面でもしっかりTPOをわきまえられる、昭和の女なんだよね。
六本木の夜から、明治神宮の芝生まで、自分の居場所をしっくり作る、昭和の女です。

来年のお正月は、琴ちゃんの写真年賀状へと速やかに移行しましょう。

版画の年賀状は、琴ちゃんと一緒に作れる時まで、ちょっとお休みね。

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。