--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-28

生花

2.jpg
もう25年も前に亡くなってしまった我が母ですが、
その母の実家は、九州の花農家。

祖父のお通夜、お葬式の際には、
悲しみはさておいて、
祖母が夜通し供花の水切りをしているという珍しい光景が…
それもある意味、祖父の死を一番悼んでいる形だったのかもと、
この頃は思う私です…

とにかく、お花好きのDNAを受け継いでいるに違いない私。

生花に囲まれる生活こそ、最高の贅沢だと信じてやまないのですが、
実際の生活に組み込める生花といえば、
まだまだせちがらい状況の我が身。

でも自宅開業してから、やっと生花に心注げるようになりました。

そして、お客様よりも当店の生花へのコメントをいただくこと多く、
お花の良さを共有できる毎日に、心和む私。

当店の生花は、同級生のお花屋さんに提供してもらうものばかり。

営業時間がほぼ同じで、なかなか買出しが難しく、
ついついスーパーの、今きれいな花束に手を伸ばしたくなるけれど、
だめだめ、これは。

同級生が自分の目で、早朝の市で競り落としてくれたものは…

本当に、長持ちします。
それはそれは、びっくりするくらい。

色々倹しくしなければならない状況になると、
一番に切られるであろう、この心の贅沢の部分。

でも、ここさえ少しの贅沢気分をしてみれば、
かなり、心の余裕ができ、色々な楽しい道を見出せるのは必至です。

さあ、明日も頑張ろうっと。花プレゼント


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。